3118日目:妹を汚した記憶、感想とか。


妹を汚した記憶、感想とか。


久しぶりに、魂に刺さるセリフ聞いた。
主に物理的な意味で。


・全体構成とか
 ほぼ見たまんまのミドルプライスのダーク寄り抜きゲー。
 ダーク寄りと言っても、はむはむなので割と軽い方。
 ストーリーはエロ漫画とかでよくある内容だけど、シナリオが
 割と良く出来てて、漫画と違って複数ルート、複数結末が楽
 しめる。
 ミドルプライスのため、基本2人の各2ルート+おまけ2程度の
 ボリュームだけど逆にだらだら長くなくてバランス的には良好。


・秋桜香
 看板娘側のルート。
 主人公のトラウマの原因の妹(いやまあ主人公がいらんこと
 したのが原因だけどさ)との話。
 いわゆるGood END側はかなり爽やかな話になってるけど、
 Bad END側はキてる。「妹けが」的にはBad側が主だなー。
 秋桜香の判ってないのか、判ってて判らないフリをしているの
 か不明な感じがとてもいい。
 (話的には判って無いんだけど、判ってそうな感じがね)

・暁
 はむはむ名物(?)巻き込まれ年下幼なじみ。
 秋桜香より年上で、その辺の年齢的な感性の違いをしっかり
 書き分けてあり、主人公のちょっと(かなり)アレな性格もあって、
 こちら側も結構読ませるシナリオになってる。
 Badの落ちは予想通りというより、期待通りというのも良し。
 そして、麻実の魂に突き刺さるセリフは最高である。
 声優さん、いい仕事してるわー。

・おまけ、その1ルート
 秋桜香からの分岐。
 まあ看板2キャラいるので3pは予想できるけど、秋桜香のメイン
 ルートで魅せてた狂気(妄執)の片鱗がばっちり出てきてこれ
 また非常に良い。

・おまけ、その2ルート
 はむはむルート。メイン側と違ってこっちは割と軽いノリ。
 ただ、それでもシナリオの手抜きとかが無く、Good系の話と
 して良好。
 ただ一点気になるのは、クリア順でロックかかってるのかど
 うかをプレイ中に確認出来なかったこと。暁のBadから引っ
 張ってきているとネタがあるのでロックが欲しい。
 (鍵をチャラチャラさせる所とか)

・Hシーン
 26枠。
 はむはむルート以外は、基本的にどれもダーク寄り。
 極端に特殊なシチュエーションも無い。
 ゴム、避妊関係の話もあるけど、話の展開の仕方が上手く、
 下地さんが関わった金恋となんでここまで差が出るかという
 ぐらい良く出来てる。ゴム以外でも、3pの導入、薬物の使い
 方(効果)、アナル、とか同じようなネタを使ってるのに全部
 こっちの方が上。
 ただ、アニメシーンはちょっと微妙。はむはむというより、
 外注の問題だけど、頭蓋骨が軟体化してる。

・CG
 ちょっとクセがあるかな。
 ただ、表情の描き方がよく、秋桜香の笑顔の描き分けが
 狙ってやってあるのであれば結構上手い方だと思う。

・予約特典デジタルコンテンツ
 まあ、はむはむをずっと買っている人間ならこれのために
 パッケージ版を選択してもいいかな、程度の内容。
 もう少し裏話が欲しかったな。


はむはむ10周年記念にもかかわらず、ミドルプライスの抜き
ゲーで、販売直前まで下地さんがサガプラの金恋を手伝って
たりと、台所事情が見える。
それでもミドルプライスで出来る範囲で読ませるシナリオを
持ってきて、そして10周年でこういうのも出来るという主張
をしてくる。見てる方がだれる手抜きも無し。
本当に良い仕事ってのを見た感じがする。


#しっかし、何故か、ないしょ思春期っぽいんだよなあ。
#毛色はかなり違うんだけどさ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック